INFORMATION

お知らせ

MINI CHALLENGE JAPAN 2020 season Round5 第10戦
ドライバー「石井 一輝」が2位 表彰台を獲得

出場クラス:JCW CLASS / ドライバー:石井 一輝(株式 会社ファイブスター東都)


株式会社ダイワグループ(東京都 調布市 、代表取締役社長 髙野 光司)は自身が率いるダイワグループモータースポーツ(DGMSにおいて、2020年12月13日富士スピードウェイで開催された「MINI CHALLENGE JAPAN」Round5 第10戦 JCW CLASS で2位を獲得したことをお知らせいたします。

公式予選では、朝の路面温度の低さでタイヤを温めるのに時間がかかるも2番グリッドを得ることが出来ました。 第9戦スタート直後に激しい2、3位争いが勃発。激しいバトルの最中にマシントラブルにより無念のリタイヤとなってしまいました。
最終第10戦に向けメカニック達が急ピッチで作業を行い、第10戦は最後尾ながらもスターティンググリッドに並ぶことが叶い、スタートダッシュを決めて一気に2位に浮上。そのまま安定したラップを重ね、見事にチーム最高位の2位でチェッカーを受けることができました 。


チーム代表:髙野 光司

応援してくださった皆様、ご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。お陰様で最終戦にて2位表彰台の結果を出すことができました。今シーズン2回目の表彰台となります。本日の最初のレース(9戦ではドライブシャフトが折れてしまうというトラブルにより棄権することになり ましたが、午後のレース(10戦)に向けて限られた時間の中でスタッフが一丸となって修理を済ませ出場ができました。本当にドライバーもメカも運営スタッフも素晴らしいチームだと思います。 今年はコロナ禍において観戦に来ていただくことはできない状況でしたが、来年はコロナが収束して皆様に観戦いただけることを祈りつつ、来シーズンも応援よろしくお願いします。

ドライバー:石井 一輝

開幕戦 Round.2 7月12日(日)ツインリンクもてぎ は緊張してしまい、自分のドライブミスもあって納得のいかない結果で終わってしまい悔しい限りでしたが、今回は落ち着いて取り組み、持っているものを100%出し切ることができて最高に嬉しいです。そして、チームの一員としてドライバーとして参加させていただいたことに感謝申し上げます。自分一人では経験できないことが沢山ありました。僕が得たこの経験には、本当に多くの方たちの協力や家族の協力があってこそのものであり、改めて皆さんに感謝したいと思います。


ダイワグループモータスポーツ(DGMS)は、レーシングドライバーやレースメカニック、運営スタッフなどレーシングチームすべてを社員で構成することを目指し、モータースポーツ業界を熟知されている各分野の方々にご協力を頂き、全くの素人をプロへと育成しながらレースに挑戦、そして全てを内製化するプロジェクトです。